コタツ布団

コタツ布団

コタツ布団

このページは「こたつで起こる事故の事例 」の情報コンテンツです。
コタツ布団 > こたつで起こる事故の事例

豆知識

こたつにも危険なところはあります

残念ながら、毎年こたつが原因となる事故が起こっています。間違った使い方をすると大変危険です。事故の例をご紹介しますので、それを教訓として、正しい使い方をしましょう。

豆炭こたつ、練炭こたつ、木炭こたつの危険

豆炭こたつや練炭こたつは使っている家庭は、かなり少なくなったと思いますが、昔は主流のこたつですから、今でも田舎では利用されていることがあります。これらの炭を使ったこたつで昔からよく起こる事故が一酸化炭素中毒です。こたつの中に潜って眠ってしまって一酸化炭素中毒で亡くなる事故が昔は数多くありました。もちろん今でもその危険性は変わりません。これらの炭を使ったこたつではこたつに潜るのは厳禁です。ペットを飼われている方は、ペットが潜り込んでないか、注意してあげてください。

また、現在の家屋は昔に比べてしっかりできていて、密閉性が高いものになっています。締め切ったところでの長時間の使用は、一酸化炭素が充満するおそれがありますので、適度に換気を擦るようにしてください。

それから、もう一つ多いのが火事です。冬場は洗濯物が乾きにくいので、こたつの中で渇かす方が結構いらっしゃいますが、かなり危険な行為です。熱源から洗濯物に火が移って、火事になるケースが頻発しています。あくまでもこたつは暖房器具であって、乾燥機ではありませんので、適切な使い方をしましょう。

電気こたつの危険

電気こたつは、炭を使ったこたつのように火を直接使うわけではないので、安全だと思っている方が多いと思いますが、電気こたつによる火災は残念ながら毎年起こっています。こたつといえども、その熱の力により火災を起こすことがあります。事故の原因は、製品の問題と言うよりも使い方に問題があるようです。

一番多いのが、やはり洗濯物をこたつの中にいれて渇かそうとするケースです。洗濯物をこたつの中に山盛りに入れて、ヒーター部分に接触した状態で長時間おかれると発火します。こたつ布団のすそをこたつの中に押し込んで、ヒーターに接触して火事になったケースもあります。

こたつに入るときには、座椅子を使っていて、座椅子を中に押し込んで座布団がヒーターに接触して、火災になった事例もあります。座椅子は便利ですが、こたつの説明書には座椅子を使わないように記載があります。

それから、もう一つ多いのが電源コードのがショートして起こる火災です。電源コードをこたつの足で踏んでいたり、結び目のある状態で使っていたりすると断線して、発火するおそれがあります。たまには電源コードに異常がないか確認するようにしましょう。

コタツ布団 激安通販