コタツ布団

コタツ布団

コタツ布団

このページは「コタツの歴史 」の情報コンテンツです。
コタツ布団 > コタツの歴史

豆知識

こたつの歴史

冬の季節になると、家族でこたつに入ってみかんを食べながら、テレビを見る。少し古いかもしれませんが、日本の家庭でよく見る風景ですよね。こたつの変遷について見ていきたいと思います。

こたつのはじまり

昔の人が暖をとるのにどうしたかというと、いろりを使っていました。木造の家で、それほど建築技術も発達してないころです。家の気密性は悪く、いろりの側、それも火が当たっている箇所だけしか温もらなかったと思います。そこで工夫をします。

いろりの上にやぐらを組んで、やぐらの上から布団を掛けました。火が強いと危ないので、消えかけの炭を使ったようです。布団の中は気密性が高いので、いろりに比べたら格段に暖かかったはずです。これが室町時代のお話しで、こたつのはじまりです。そんな昔から日本人はこたつを使っていたんですね。

炭から電気へ

江戸時代になると、いろりのまわりを掘った掘りごたつも出てきました。熱源は炭から、練炭、豆炭と移り変わります。近代になるといろりでの使用が不便なため、練炭コンロを熱源に使用するものも普及しました。戦後になると、ようやく赤外線を熱源とする電気ごたつが開発されます。それまでのこたつでは、一酸化炭素での死亡事故が多発していました。こたつは便利ではあっても、やはり火を使うためけっこう危険なものだったのです。

電気ごたつは、手軽さとともにその安全性から爆発的な人気となります。家庭に必ず一台ありました。そのため、冬というと、こたつに入って、みかんを食べながらテレビを見る、という光景が、みなさんの頭に思い浮かぶのでしょう。

冬だけではないこたつの利用

 こたつというと冬に使うものというイメージがありましたが、最近はそのイメージも変わってきました。もちろん夏に布団をかけて暖房器具として使うわけではありません。昔のこたつは、熱源の部分が出っ張っていましたよね。最近のこたつは技術の進歩によりこの熱源部分の出っ張りがなくなりました。テーブルとしての通年利用が可能となったのです。家具調のおしゃれなこたつが増えています。

コタツ布団 激安通販